dnldhdk#1

そこそこ楽しい海外旅行と,だいたい楽しいディズニーの話

ディズニーが盤石になるまでの話

今でこそ,ディズニーは王国って感じですが,1980年代には,買収・倒産の危機に見舞われたこともあったんです.その頃,どういう危機があって,どうやってそれを回避して,ディズニーが立ち直ったか,アイズナー(元CEO兼会長)を中心とした人々の行動が丁寧に語られていて,とても面白い本です.でも,これも絶版なのかぁ.簡単に言うと,まず,ディズニー社の株を買えるだけ買い占めます.取締役として乗り込みます.会社の業績が悪いのを理由に会社を倒産というか整理します.といっても,ディズニーの場合,コンテンツの資産価値が高いので,売れるものは解体して切り売りしてしまいます.こうするとお得なのは,会社の解散価値に対して株価が安い場合です.で,当時ディズニーの株価は低く,乗っ取り屋のターゲットになっていたのを,アイズナーたちががんばって乗り切ったという話が中心です.

ディズニー・タッチ―王国を建て直した経営の魔術

ディズニー・タッチ―王国を建て直した経営の魔術

 

無事,危機を乗り切って,ウォルト・ディズニー・プロダクションズからウォルト・ディズニー・カンパニーに巨大成長をさせた,ディズニーの会長,マイケル・アイズナーについての話を次に読んでみましょう.

ディズニー・ドリームの発想〈上〉

ディズニー・ドリームの発想〈上〉

ディズニー・ドリームの発想〈下〉

ディズニー・ドリームの発想〈下〉

これも,絶版かぁ.まあでもたくさん売れているはずなので,古本屋で手に入ると思います.

英語版は売っていますね.

Work in Progress: Risking Failure, Surviving Success

Work in Progress: Risking Failure, Surviving Success